こんにちは、どーなです。

サッカーフットサルの試合では、ボールは1つしかありません。
このため、ボールを持つと、すぐに相手のプレッシャーを受けます。
このプレッシャーをかいくぐって、ゴールにつなげる。
これこそサッカー、フットサルの醍醐味ですよね。



ゴールにつながるプレーをするには、どうすればいいのか?



サッカー、フットサルのプレーには、オンザボールとオフザボールがあります。
オンザボールとはボールを持った時のプレー、オフザボールとはボールを持っていない時のプレーです。



ゴールにつながるパスやシュートができるプレーヤーは、オフザボールの時間に、ボールを持った時のための準備をしています。
具体的には、状況判断とパスを受ける準備をしています。



<1.状況判断>

・周りを見て、味方と相手のポジショニング、ボールのある位置、スペースの位置などの情報を集める
・得た情報から、自分の能力で何ができるかを考える、など



<2.パスを受ける準備>

・相手のマークを外して、フリーでパスを受ける準備をする
・良い体勢(前を向いた状態)でパスを受けられる準備をする
・タイミングよくスペースへ入る準備をする
・相手DFラインの裏へ抜ける準備をする、など

その他にも、フリーランニングで相手を引きつけ、味方をフリーにするなど、おとりになるプレーもあります。



優れたプレーヤーは、オフザボールの時間は、常にこのように頭を働かせて、オンザボールのための準備をしています。
磨かれた技術に加えて、しっかりした準備があるからこそ、ゴールにつながるプレーができるのです。



ボールを持っていない時に、次のプレーを考えておく。

説明だけ聞くと簡単そうですが、これが意外と難しいのです。



周りを見ると言っても、何を見たらいいか分からない。
周りを見ても、何も思いつかない。
次のプレーを考える余裕がない。

こんな風に、オフザボールのことで悩んでいる人は少なくありません。



私も、サッカーを始めて4~5年間は、ずっとオフザボールが悩みの種でした。
「オフザボール時に周りを見て、次のプレーを考えておく」という知識はありましたが、周りを見ても何も思いつかなかったのです。
チームメイトに聞いても、「そんなの経験だよ」という答えしか返ってきませんでした。
私は高校からサッカーを始めた出遅れプレーヤーだったので、「もっと早くからサッカーをやっていないとダメなのかな」と悩みました。



それでも試行錯誤の末、それなりにオフザボールのプレーができるようになりました。(まだまだ発展途上ですが^^;)



オフザボール時に次のプレーを考えられるようになったことで、ボールを持っても慌てることがなくなりました。
パスが来た時は、すでに頭の中に次のプレーのイメージがあるので、ボールコントロールに集中できるようになり、技術的なミスが減りました。
試合中、「どこを優先的に見ればいいのか?」というポイントが分かったことで、チャンスにつながるパスを出せるようになりました。



散々悩んでいたオフザボールのプレーが、なぜできるようになったのか?

私なりに振り返って考えてみたところ、3つのポイントが思い当たりました。

それは、知識、練習、経験です。



<1.知識>

1つ目は、「オフザボール時に何をすればゴールにつながるプレーができるようになるか?」という知識です。

試合や練習中に「周りを見ろ」、「判断を早くしろ」と、チームメイトやコーチから言われる人がいます。(私もそうでした(^^ゞ)
しかし、言われている当人だって、「周りを見て、判断を早くしたい」と思いながらプレーしているはずです。(経験者は語る(笑))
でも、できない・・・



なぜ、頭で分かっていても、実際のプレーに反映できないのか?

それは、オフザボールについての知識が不足しているからです。
オフザボール時に「何を見たらいいのか?」、「何を考えたらいいのか?」という知識が不足しているのです。
具体的な知識も無く、闇雲に周りを見たところで、プレーは上達しません。



<2.練習>

オフザボールの知識が付いたら、今度はそれを練習の中で実践してみます。
最初は思い通りに行かないと思います。
また、考えながらのプレーを意識しなければならないので、頭も疲れると思います。



しかし、そこで投げ出さないでください。
正しい知識に基づいて、練習を繰り返していれば、その内に身に付いてくるものです。
(私ができるようになったくらいですから、あなたもできるようになるはずです!)

初めは考えることを意識してプレーすることになりますが、いずれは自然にできるようになるのが目標ですね。



<3.経験>

最後のポイントは、試合経験です。

練習(ミニゲームや練習試合)でオフザボールのプレーができるようになれば、そのまま試合で応用できるようになります。
しかし、練習と試合で異なる点が1つあります。
それは、勝敗がかかっているということです。



試合では勝敗がかかる故に、練習では身に付かない要因が出てきます。

例えば、メンタル面。
メンタルは、試合状況やスタミナなどに大きく影響を受けます。
大量リードで勝っている時は、精神的にも余裕があり、判断ミスが少なくなります。
逆に1点差で負けていて、残り時間が少ない時は、焦って判断ミスが多くなりがちです。



試合に負けている時、あなたは、どんなことを考える癖がありますか?
「早く点を取らないと!」と焦りがちになるのか?
「もうダメだな」と諦めがちになるのか?
試合経験を通して、自分の考え方の癖を知っておくことが大切です。



そして、自分の癖が分かったら、「試合に勝つためには、どんな考え方に修正すればいいのか?」を予め考えておくことが大切です。
焦りがちになる癖があるのなら、そこで一度冷静になるようにメンタルコントロールする。
諦めがちになる癖があるのなら、そこで一度自分を鼓舞するようにメンタルコントロールする。
これは、経験から自分の癖が分かっているからこそできる芸当です。



この他にも、試合には、練習では身に付かない要因がたくさんあります。
試合経験が積める機会があれば、最優先して予定を空けるくらいの意気込みで参加してください。
できるだけ、多くの試合を経験することが、サッカー、フットサルの上達の近道です。

オフザボール練習法



以上のように、オフザボールのプレーを身に付けるには、知識、練習、経験が必要です。

経験は試合をすることでしか得られないので、試合の人数が足りない時などに呼んでもらえるよう、自分のチーム意外の友人などにも声を掛けておくといいでしょう。



知識と練習ついては、自分自身で勉強していくことが大切です。
本やDVDなど、サッカー、フットサルの教材はたくさんありますが、私がおすすめする教材は、早野宏史DVD「スーパープレイヤー育成マニュアル」です。
早野宏史DVDは、オフザボールの動き方、オフザボール時の考え方など、オフザボールにテーマを絞った珍しい教材です。

オフザボール練習


早野宏史さんは、横浜F.マリノスやガンバ大阪、柏レイソルなど、Jリーグ監督の経験もあるプロの指導者です。
DVDを通して、オフザボールにテーマを絞ったプロの指導を受けることで、内容の濃い知識を学ぶことができます。

オフザボール練習法


そして、DVDで学んだ知識を、練習時に実践することで、知識と練習のポイントを抑えることができます。
オフザボールに関しては、色々な教材に手を出すよりも、このDVD1枚を繰り返し見た方が、多くの学びがあると思います。



特典付き!!早野宏史DVD「スーパープレイヤー育成マニュアル」の詳細は↓コチラ

「才能がない」、「始めたのが遅い」、そんな弱者こそ王道の上達法を!
>>弱者のサッカーフットサル王道上達法はコチラ<<



このサイト経由で早野宏史DVDを購入した方には、DVDのポイントをまとめた特典メールセミナー早野宏史のDVDで賢いプレーヤーになる9つのポイントをプレゼントしています。



早野宏史DVD「スーパープレイヤー育成マニュアル」は、サッカーのオフザボールの動き、状況判断のポイントを解説したDVDです。

オフザボールの動きの練習というと、「動画を見ることくらいしか思いつかない」という方が多いと思います。
しかし、我流で練習するよりも、一流の指導を受けた方が、はるかに早く、はるかに効果的な動き方を身につけられることは間違いありません。

早野宏史さんは、JFA(日本サッカー協会)公認S級ライセンス指導者であり、Jリーグ監督として優勝経験もある一流の指導者です。

DVDは、帝京高校のサッカー部員が練習を行い、そこで出てきた課題に対して早野さんが解説、指摘するというものです。
間接的にですが、一流指導者の指導を受けることができる作りになっており、育成年代から社会人、さらにはコーチにも参考になるDVDです。

このサイトでは、今後も早野宏史さんのDVDを最大限に活用するためのポイントを紹介していきます。

この記事にコメント

*

トラックバックURL

入出金