サッカートラップ練習法‐檜垣裕志DVD感想

2013.11.2|檜垣裕志DVDサッカーテクニック向上メソッド

トラップすると、ボールが浮いてしまう。

ボールの勢いを吸収できず、はじいてしまう。

浮き球が来ると、上手くトラップできない。

相手が寄せてくると、焦ってトラップミスしてしまう。



トラップに苦手意識を持っている方は、こんな悩みを抱えているのではないでしょうか?



キックも、ドリブルも、まずはボールを止めることから始まります。
ファーストタッチで思ったところへボールを止められれば、次のプレーにスムーズに移れます。
それは、余裕を持ったプレーにつながります。
このため、トラップは、サッカー、フットサルで最も重要な技術だと、私は考えています。



最近では、日本代表の柿谷曜一郎選手の影響もあり、
ファーストタッチの重要性が注目されるようになってきましたね。



ボールが浮いてしまう、
ボールの勢いが吸収できない、

というのは、ボールコントロール技術が未熟なことが一番の原因だと思います。



ボールコントロールは、リフティングや壁当て等で上達できます。
こういった練習なら、1人でもできますね。



リフティングは、一箇所で続けるのではなく、体の色々な部分を使った方が実戦的な練習になります。

インステップだけでなく、インサイド、アウトサイド、もも、胸、頭など、
全身を使ってリフティングすると、体の色々な部分でトラップができるようになります。
私も、胸トラップなどの上半身のボール扱いは、リフティングで上達することができました。



リフティングを使ったトラップ練習は、柿谷曜一郎選手もやっていたそうです。

柿谷選手は、パートナーに高くボールを蹴り上げてもらい、それをコントロールしてリフティングする、という練習をしていたそうです。
柿谷選手の見事なファーストタッチも、地道な練習をコツコツと積み重ねて身に付けたものなんですね。



このように、ボールコントロールについては、リフティングで上達することができます。

しかし、ボールコントロールを磨くだけでは、トラップの上達には不十分なのです。



ボールコントロールを磨くだけでは、

相手が寄せてくると、焦ってトラップミスしてしまう

という問題は解決できません。



私も、相手のプレスが厳しい時は、トラップミスすることがよくありました。
相手DFが、ものすごい勢いで寄せてくるのが見えると、焦ってしまうのです。



そして、ミスが続くと、パスを受けることに消極的になり、
その試合中は、パスコースに顔を出せなくなってしまいました。



なぜ、焦ってしまうのか?

あるDVD教材のおかげで、その原因を解明することができました。



それは、檜垣裕志さんの「サッカーテクニック向上メソッド」というDVD教材です。


サッカートラップ練習法‐檜垣裕志DVD感想


このDVDでは、利き足をメインにしてプレーすることをテーマにしています。
ファーストタッチで、必ず利き足の前に置く。
DVDの中で、檜垣さんは、このことを繰り返し言っています。



『いくら両足の練習をしていても、とっさの場面で出るのは利き足。
常に利き足の前にボールを置くことで、とっさの場面にも対応ができる。
それが、余裕のあるプレーにつながる。』

というのが、檜垣さんの考え方です。



檜垣裕志DVDを見て、自分のプレーを振り返ってみました。
すると、あることに気付きました。



私が相手に寄せられて焦るのは、利き足でない右足にボールが来た時だったのです。
逆に、左足にボールが来た時は、相手をかわしたり、ボールキープすることができていました。
(私の利き足は、左足です)



それまでの私は、右足にボールが来た時、ファーストタッチで右足の前にボールを置いていました。
そのため、相手に寄せられると、思うようなプレーができず、焦ってしまっていたのです。



そこで、DVDの教えに従って、右足にボールが来た時も、
ファーストタッチで左足の前にボールを置くよう意識してプレーしてみました。



すると、驚くほど落ち着いてプレーできるようになりました。
相手が寄せてきても、ギリギリまで相手の動きを見て、プレーを変えることができるようになったのです。



利き足の前にボールを置く。

こんなシンプルなことを意識するだけで、こんなにもプレーに余裕が出るというのは驚きでした。
何てことはないシンプルなポイントですが、実践してみると、その効果に驚くと思います。



>>檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド(特典付き)の詳細はコチラ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

入出金